狭小住宅でアパート利回り

08.23

狭小住宅でアパート利回り はコメントを受け付けていません。

新しい住まいと利益の形、株式会社富晴の狭小利回りアパート。住まいであり、利回り物件である、これがこれからの日本に住むための新しい発想。

オーナーが最上階に住まいを構える、マンションなどでは良く見かける光景。
「住まいもあり、家賃収入もあるうらやましいなぁ・・」そう感じたことはないですか?

「都心で自分も住める利回り物件は無理、出来て賃貸ワンルーム利回り物件かな・・・」

そこで株式会社富晴は考えましたマンションオーナーは無理ですが狭小アパートオーナーになってみませんか?いま土地をお持ちでなくても人気の都心エリアに住居兼収益物件を手に入れることが可能です。

 

その方法とは、株式会社富晴の狭小地アパート活用。

都市部では当然土地費用は高いですが同じ都市部でも狭小地などに代表される小さな土地であれば比較的安く購入出来ます。通常の一戸建ては到底購入出来そうもない人気のエリアでもお住まいをお持ちになることが可能です。そして狭小アパートと言う発想をそのお住まいにplus、緻密に設計された株式会社富晴の建物間取り設計で上階はご自身がお住みになり下階は賃貸アパートとして家賃収入を得ることが出来る狭小地の新しい活用方法です。もちろん狭小住宅ですが持ち家になるので老後の住まいの心配も無し。ご自身でお住まいになりながら家賃収入でローンの返済をするも良し、また他の投資や老後の蓄えに貯蓄に充てるもよし。

 

狭小住宅に建つ狭いアパートだから狭いし借り手がいないのでは?

ですがそもそも都心のワンルームアパートなどは狭くて当たり前、都内人気エリアのワンルームですと10平米を切る物件が中心だったりします。なぜではそれほど狭いお部屋が人気があるかと言うと、学生などは部屋の広さより都心の利便性を求めているからなのです。もう一つ、今や都心などでは漫画喫茶に寝泊まりしている人もいるくらいです。賃料設定・条件を思案すれば学生・社会人も含め借り手はかなりの数が見込まれます。普通のアパートのように複数室では無く、一室程度ですし、都内の立地が良い場所であれば空室になる要素はさらに低くなります。さらに安心なのは私たち株式会社富晴は不動産ネットワークや長年の経験値を持つ会社と言う所。狭小アパート提案会社はネット上に多々ありますが、すでに土地をお持ちの地主向けサービス中心。私たち株式会社富晴は狭小アパート用地は不動産経験とネットワークから厳選した当社直接仕入れ、用地購入やローン案内そして居住兼利回り物件として収益プランニング、入居者募集までワンストップサービスで提案、サポートをさせていただくことが可能です。

あなたも株式会社富晴が直接仕入れした都内狭小地でマイホームと同時に家賃収入を手に入れてみませんか都心に住みながら利回り物件をご検討されてみませんか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

簡単メール問い合わせ

空き地の相談は富晴

ご連絡、査定ご依頼は。

ご連絡は下記までお気軽にお問合わせください。
・TEL:042-304-0088
・FAX:042-304-0087

※現在、訪問査定ご好評につき、せっかくのお電話いただきましても不在の場合がございます。不在の場合は下記フォームをご利用ください、当社担当携帯に直接送信されます。確認出来次第、ご連絡差し上げます。

問い合わせフォーム

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る